社会不適合者ウーマンのひとり語り日記

生きづらさと社会性のなさでもがく成人女性のブログ。映画(洋画・邦画)/音楽/日々感じたこと/ゲーム/アニメなどを書いていきます。

PERとPBRってそもそも何?FP2級ライターがざっくり解説

おっすおっす。

misopotaです。

 

現在ハロワで就活中。

簿記3級も徐々に貸借対照表損益計算書の作り方が分かってきたので、気合を入れて頑張っている最中です。

 

突然ですが、急に株式投資を始めたくなったので、株式投資についても色々勉強を始めました。

 

その中でも、割と重要とされているのがPERとPBR。

これ、FP2級の試験の時に学習したので、「たぶん株式投資の時に役立つんじゃね?」と思い、インプット代わりにブログに書いておこうと思います。

 

今FP資格を勉強していて「PERとPBRの違いが全く分からん!」という方や、「株式投資始めたいけどそもそもPERとPBRって何?」という方にも読んでもらえれば幸いです。

 

それでは、見ていきましょう。

 

PERとは

PERは、PriceEarningsRatioの略で、日本語では株価収益率と言います。

これは簡単に言えば、「企業の株価が1株あたり純利益の何倍になっているのか」が見れる指標です。

 

例えば、株価が500円で発行部数が1000万株、純利益が30億円の場合、計算すると次のようになります。

 

  1. 30億÷1000万=30円
  2. 500円÷30円=16.66…倍

 

こんな感じで、「株価に対して何倍くらい利益を出していますよー」という風に見れます。

 

ちなみに、PERの倍率が低ければ割安で、高ければ割高扱いです。

 

PBRとは

じゃあ逆にPBRとは、なんぞやという話ですよね。

英語では、PriceBook‐valueRatioで日本語に訳すと「株価純資産倍率」という名前になります。

 

ざっくり解説すると、「株価が1株あたり純資産の何倍になっているか」を見る指標のこと。

 

ちなみに純資産とは、会社が保有している資産から負債を抜いたものです。

(この辺は簿記3級あたりで習います)

 

計算式も、PERの時とやり方はほぼ変わらないです。

 

株価・発行数はそのままで、純資産を500億と仮定して計算すると、次のようになります。

 

  1. 500億÷1000万=50円
  2. 500円÷50円=10倍

 

ちなみに、PBRの目安は1倍とのこと。

これを下回ると、割安(=株価が安い)、1倍以上になれば割高(=株価が高い)という扱いになります。

 

とりあえず、PERとPBRの違いは以下の通りです。

 

  • PER…発行されている株価が会社の純利益の何倍なのか
  • PBR…発行されている株価が会社の純資産の何倍なのか

以上です。

 

資格勉強や株式投資の勉強で、違いが分からない方はぜひ参考にしてみてください。

 

PERとPBRはどこで見れる?

さて、ここまではそれぞれの指標の違いについてご紹介していきました。

株式投資を始めたい方や、資格勉強の一環で実際にPERとPBRを見て調べたいという方もいるでしょう。

 

基本的にPERとPBRは、各証券会社の公式サイトや四季報で確認できます。

 

例えば、私がつみたてNISAで利用しているSBI証券では、「投資指標」の欄で予想PERとPBRが表示されています。

f:id:misopota:20220114100213p:plain

↑上のは、パソコンでの画面です。

 

データについては、毎日変わるらしいので、細かにチェックして買うか買わないか決めるのもアリなんじゃないかなと思います。

 

四季報(会社の純資産やら利益やらがまとめられたもののこと)に関しては、証券会社によっては無料で閲覧できるものもあるみたいです。

diamond.jp

 

本格的に株式投資を始めるとなったら、そこからやってみようかなと思っています。

 

まとめ

というわけで、今回はPERとPBRについてざっくり解説していきました。

FP2級を学習していた時は、PERは「利益で割る」、PBRは「純資産で割る」とざっくりとした感じで覚えていました。

 

改めてサイトや教本を見たら、今後の投資のために必要な情報が載ってたんだなと実感しております。

 

というか、ほぼ文章が少ないのにここまで執筆時間がかかったのは久しぶりです。

ブログでインプットするのも、結構大変だなと思いました。

 

もし記事の内容に間違い等ありましたら、すぐに訂正しますのでお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

stayhome10.hatenablog.jp

 

 

それでは、また次のブログでお会いしましょう。

 

【SBI証券】22歳女がつみたてNISAを月1,000円/10か月間試してみた

おっすおっす。

misopotaです。

 

今日は午前中に雨が降るみたいで、空は曇っています。

午後からは用事で外に出なければならないので、まだ体力が残っているうちにブログを書いておきたいなと思います。

 

さて、今回のテーマは「つみたてNISA」について。

20代の方の中には、老後や今後何かあった時のために投資をしておきたいと考えている方もいるでしょう。

 

私もその1人でした。

つみたてNISAは投資の中でも始めやすく、1商品あたり100円から投資できるため初心者にオススメと言われています。

 

(ついでに年間40万超えなければ、税金はかかりません。)

 

私も去年の4月ごろから積立を始めて、そろそろ10か月ほど経ちます。

そのため、今回はつみたてNISAを運用してみた感想や、本当に1,000円で投資ができるのかなど気になる情報を書いていきますね。

 

※今回は、SBI証券のつみたてNISAについて解説していきます。

 

結論:月1000円からでも運用はできる

結論から言えば、月1,000円からでも運用は可能です。

例えば、5個のファンド(投資商品)に次のように設定金額を割り当てると、月1,000円で運用できます。

 

  • 商品A…250円
  • 商品B…250円
  • 商品C…250円
  • 商品D…150円
  • 商品E…100円

これで、合計1,000円で分散投資ができるという仕組みです。

 

収入が少なくても、1,000円で運用できるので個人的にはかなりありがたいと思います。

 

10か月運用した結果

スクショを見て分かる通り、2022年1月時点で、収益はある程度出ています。

f:id:misopota:20220106090049p:image

ちなみに、ポートフォリオは国内株式24%・国際株式65%・その他11%です。

 

銘柄に関しては、割と適当に選びました。

正直銘柄の良し悪しは分かっていないので、ネットで検索して良さそうなものを適当に買いました。

 

色々な方がオススメの銘柄をまとめてくれているので、そちらを参考にしてみるのもいいかもしれません。

www.toushikiso.com

www.smbcnikko.co.jp

一番ヤバかったのはコロナ真っ盛りの時

つみたてNISAは、あくまで投資です。

なので、その時の経済事情によって収益がマイナスになることもあります。

 

実際私も、コロナ真っ盛りの時にその煽りを受けました。

うろ覚えですが、去年の夏ぐらいに思いっきり収益が下がり、「うわー」と嘆いた記憶があります。

 

ただ、マイナスになったからと言って辞めてしまうと、今まで積み立ててきた意味がなくなるのでそのまま保留にしておきました。

 

結果、収益が徐々に上がってきたのであの時辞めなくてよかったなという感じです。

 

長期間運用をするとなると、コロナの時みたいに煽りをうけてマイナスになるケースも珍しくないと思います。

 

なので、若いうちに耐性を付けて気長にやっていきます。

 

今後の運用計画について

今のところ練習として月1,000円での運用を開始していきますが、さすがに20年間積み立ててもリターンは少ないです。

 

そのため、今後は月額3,000円、5,000円…と徐々に段階的に投資額を上げていき、最終的に3万円で運用できるように頑張っていきます。

 

収入もその分上げなければならないので、ちょっと大変ですが、なんとか踏ん張っていきたいと思います。

 

(なお経済的に無理そうであれば、今まで通り月1,000円で運用を続ける予定です。)

 

まとめ

今回は、22歳の女がつみたてNISAで月1,000円/10か月継続して試してみた感想などを書いていきました。

 

株式投資と違って安い金額でも運用できるのが、つみたてNISAの良いところです。

個人的には、まだまだ続けていきたいと思っています。

 

SBI証券のつみたてNISAに関しては、過去記事で紹介しています。

SBI証券でのつみたてNISAに興味がある方は、そちらもご参照ください。

 

それでは、また次のブログでお会いしましょう。

 

stayhome10.hatenablog.jp

 

stayhome10.hatenablog.jp

 

【2022年】あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

ブログ管理人のmisopotaです。

 

三が日も明け、いつもの日常がやってきました。

私は正月ほとんど家でダラダラしていたので、今日からはしっかり身を引き締めて色々頑張っていこうと思います。

 

今年の目標は、「規則正しい生活と適度な運動、そして就活」です。

やりたいこと面では、jQuery/JavascriptでWebサイトや何か面白いサービスを作ったり、Photoshopでクソコラ画像を作ったり…。

 

あとは、神社に行って資格試験の合格祈願に行ってきたいなと思います。

 

今年は就活で多分忙しくなりますし、外に出る機会も多くなるのでコロナにかからないように気を付けたいです。

(基本は家で引きこもりますが)

 

暇があれば、ちょこちょこブログを更新しますので、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

HTML・CSS・jQueryを使って開閉するボックスを試しに作ってみた感想

こんにちは。

misopotaです。

 

簿記3級の勉強が疲れたので、息抜きにjQueryをいじっていたらちょっとずつですが理解して作れるようになりました。

 

今回は、HTML・CSSjQueryを使って、クリックをしたら開閉するボックスを作ってみました。

 

実物はこちらです。↓

ここをクリックしてみてね

こんにちは。管理人のmisopotaです。

 

クリックしたら、ボタンの中に隠れていた文章が出てくる…という感じで作りました。 矢印もしっかり動きます。

 

jQueryのコードに関しては、次の通りになっています。

 $('.box2_title').click(function(){
           $('.box2_text').slideToggle();
           $(this).toggleClass('open');
       });

 

箇条書きで意味を書くと、こんな感じです。

 

  1. 「ここをクリックしてみてね(class名:box2_title)」をクリックしたら…
  2. 隠れているテキスト(class名:box2_text)を開いてね。
  3. あと、box2_titleをクリックした時にopenクラスもつけといてね。(もう1回クリックされたらopenクラスは消しといてね)

 

という命令文になっています。

 

色々調べたりして書いてみたので、意味が合っているかは正直分かりません。

ただ、なんとなく理屈は理解できたかなという感じです。

 

まあでも、年内の目標だったHTML/CSS、そしてjQueryでカスタマイズができてよかったです。

 

晦日に、jQueryの書き方が分かったのも良い収穫でした。

1月からはまた本格的に簿記3級の勉強や障がい者雇用の求人探しや面接などで忙しくなるので、当分はできないかもしれません。

 

でも、時間があったらちょこちょこ色々と面白いサイトを作りたいなとも思っています。

 

アコーディオンメニューの作り方や、デベロッパーツール(検証ツール)の使い方も理解できましたしね。

 

では、年内最後のブログをお読みいただきありがとうございました。

また来年、お会いしましょう。

 

ランニングを始めて感じたメリット・デメリット

おっすおっす。

misopotaです。

 

新しい年が来るまで、あと3日。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

私は、2021年最後までランニングプラン19週目まで頑張って取り組んでいる最中です。

 

さて、今回のテーマは、ランニングについて。

ランニングは、ダイエットや健康維持など様々な理由で始めようと思っている方も多いでしょう。

 

私も、1年で本格的に痩せたいと思いランニングを始め、現時点で9キロ痩せられました。

 

ただ、初めてランニングを始めるとなると、具体的にどういったメリット・デメリットがあるのか、また用意した方がいいものはあるのかなど気になることも多いでしょう。

 

今回は、私が実際にランニングをやってみて感じたメリット・デメリットや、季節ごとに用意した方がいいものをご紹介していきます。

 

これからランニングを始めようか迷っている人は、ぜひ読んでいただけると幸いです。

 

 

ランニングを始めたきっかけ

そもそも運動嫌いだった私がランニングを始めたのは、単純に痩せたかったからです。

年始めの頃、外食やお菓子の食べ過ぎで私の体重は過去最大級の83キロまでに到達していました。

 

「もしかしたら、あと2年もこの生活をしていたら100キロいってしまうかも?それだけは嫌だ!」

 

その思いから、始めました。

 

最初の頃は、20分ランニングとウォーキングを交互にやるだけでもかなりきつかったです。

筋肉痛と眠気、あと近所の人の視線が痛く、いろんな意味でしんどかった記憶があります。

 

けれど、だんだん時間が伸びていくごとに自分の足が確実に早くなっていること・積み重ねてきた努力が実っていることに喜びを覚え、習慣化できました。

 

今でも定期的に走らないと、落ち着かないレベルまでなってきました。

今日もブログを書いた後に、走ってきたいと思います。

 

走るに当たって用意したもの

ランニングは、着の身着のままでもできますが、本格的に走るとなったら色々と用意するものもあります。

 

私の場合は、次のものを用意しました。

 

スポーツブラ

まず用意したのが、スポーツブラ。

私の場合、太った影響かFカップまでになっていたため、走る時に揺れない・ずれないスポーツブラを探すのに苦労しました。

 

そのままのブラでやると、胸が垂れてしまうとどこかの記事で見たため、それだけは阻止したいと思い購入。

 

有名ブランドの「ワコール」で購入しました。

1年ほど愛用していますが、他のブラと比べてずれにくいので重宝しています。

store.wacoal.jp

 

ランニング用のパンツやTシャツ

走りやすさを重視して、パンツやTシャツも購入しました。

 

冬用のパンツ・Tシャツは4年前に購入したユニクロのものを。

夏用のパンツ・Tシャツは、メルカリで安く買いました。

 

特に夏場は暑くて汗もかなり出るので、短くて通気性のいいものを選んだほうがいいかなという感じです。

 

【夏のみ】帽子と日焼け止め

夏に関しては、熱中症と日焼け予防のために帽子・日焼け止めはやっておいたほうがいいです。

 

日焼け止めは、汗をかいても落ちにくいものがベスト。

私は間違って落ちやすい日焼け止めを買ってしまい、そのせいで帰った後はTシャツやズボンが日焼け止めで汚れて大変でした。

 

帽子は紫外線をカットしてくれればそれでいいので、百均で購入しました。

 

より日焼け止めや熱中症予防をしたい方は、アームカバーなども用意しておくといいでしょう。

 

あと、夏場は熱中症になりやすいので走る前・休憩時の水分補給を忘れずに。

 

【冬のみ】防寒着

冬はバカみたいに寒いので、防寒着は必須です。

ウィンブレやダウンなどを着て、その日の気温によってインナーも変えてます。

 

私の場合は、下にロングTシャツ1枚・上にアウターという服装でやっています。

寒さ対策も大事ですが、走ってると汗をかいて結局暑くなるので、ホッカイロを漬けたり、ヒートテックなどは着てません。

 

ただ、この辺は個人差があるので、必要な場合は用意しておくといいでしょう。

 

ランニングのメリット2選

では、ランニングのメリットとはいったい何なのか。

実際に私がやってみた感じたことを、2つ厳選してまとめていきます。

 

イラついたときのストレス発散に最適

ランニングは、走っていることに集中できます。

そのため、余計なことを考えずに済むのです。

 

なので、イライラしているときのストレス発散にはちょうどいいかなと感じました。

実際、仕事やプライベートで嫌なことがあったりしたときは、ランニングでストレス発散をしていました。

 

そのおかげか、ある程度は自分の中のイライラをコントロールできるようになったので結果ばんざいです。

 

器具なしで始められるのでコスパ最強

ランニングは、筋トレと違って器具は必要ないです。

身一つで、そのまま始められます。

 

無料のランニングアプリを使えば、お金をかけずにできるのでコスパ良くダイエットや健康維持をしたいと考えている人にはオススメかなと思います。

 

私の場合は有料アプリを使っていますが、それでも月額換算で366円程度と近くのジムよりコスパが良いので重宝しています。

 

普段使っているアプリについては、こちらの記事を参照ください。

 

stayhome10.hatenablog.jp

 

ランニングのデメリット

メリットもありますが、その分デメリットもあります。

個人的に感じたことは、次の2つです。

 

夏と冬に走るのがしんどい

やっぱり、夏と冬に走るのはしんどいです。

 

夏は暑いし、汗もめちゃくちゃかくし、日焼けはするわで最悪です。

夜走ればいいのではと思いましたが、そもそも私が住んでいる地域は治安がまあまあ悪いのでやっていません。

 

冬は夏と比べて日光がきつくないのが幸いですが、その代わりクソ寒いです。

防寒しても中で汗をかいて、結局寒くなるので意味がありません。

 

その結果、ランニングに行くまでだいぶ時間がかかってしまうのが難点です。

 

最初はやっぱりきつい

あと感じたのが、最初のきつさです。

私の場合、有料プランのトレーニングから始めたので、最初は20分~25分程度でランニングとウォーキングを交互にやりました。

 

けど、いきなり走ると息もあがって思うように走れなくなるので、しんどいです。

筋肉痛も定期的にくるので、この辛さをどう克服するかが鍵になるなと思いました。

 

最初のきつさに関しては、目標を立てておいた方がいいです。

例えば、私の場合は「年内までに最低5キロは痩せたい!」と思っていたので、そのおかげで頑張ることができました。

 

目標があればモチベーションも上がって、ランニングの最初のきつさを克服できます。

 

慣れてきたら、あとはだんだん時間を伸ばしていけばOKです。

 

若干デメリットはありますが、それでも頑張った分だけ成果が出ますし、何より「ランニングをこなせた」という自信にもつながります。

 

なので、個人的にはまだまだ続けたいです。

 

まとめ

色々だらだらと書いていきましたが、今回のブログは以上です。

ランニングは空いた時間にできて、対策をしっかり行えばストレス発散もできるコスパ最強の運動です。

 

これから始めようと思っている方は、ぜひ今回のブログを参考にしてみてください。

最後の更新は、12月31日。

それでは、また次のブログでお会いしましょう。

【HTML・CSS独学】模写コーディング用のサンプルサイトを公開しました

おっすおっす。

misopotaです。

 

簿記3級の勉強に疲れたので、久しぶりにHTML・CSSコーディングで簡単なWebサイトを作りました。

 

かなり適当で、正直デザインセンスはありません。

ただ、コード自体はだいぶ短くしてあるので、ボリュームは少なめです。

 

「模写コーディング用のサイトを探しているけど、いいサイトがない」

「少ないボリュームでできる模写サイトが欲しい」

こんな方は、ぜひお使いください。

 

完成したデザインは、PC・スマホとこのようになります。

 

PC版

Webサイトの画像

 

スマホ



レスポンシブにも対応しているので、年末までに模写コーディングをしたいという方がいたらぜひお使いください。

 

↓サイトURLはこちらから

sanpulw.web.fc2.com

 

それでは、また次のブログでお会いしましょう。

 

 

1月6日追記:

アコーディオンメニューも追加しました。

jQueryで動くように設定したので、動作用のソースコードも貼っておきます。

body閉じタグの上に、コピペしてください。

jQueryの学習に役立てたい方は、ぜひお使いください。

 

<script src="https://code.jquery.com/jquery-3.6.0.min.js" integrity="sha256-/xUj+3OJU5yExlq6GSYGSHk7tPXikynS7ogEvDej/m4=" crossorigin="anonymous"></script>
 

Webライター歴4年の管理人がスランプに陥った時の話

おっすおっす。

寒さに耐えきれず、布団でゴロゴロしていたらいつの間にか夕方になっていた…そういう生活を続けているmispotaです。

 

今回のテーマは、Webライター…というか文章を書いている人なら誰しも当てはまるスランプについて。

 

今までは文章を書くのが楽しかったけど、続けていくうちにスランプになってしまった…という人は意外と多いのではないでしょうか。

 

私もその一人です。

今年に大きなスランプが来て、一時期本気で病みました。

 

じゃあ、そのスランプをどうやって抜けたのか。

体験談を元に、スランプに陥った時の話や脱却のためにやったことを書いていきます。

 

 

Webライターにとってスランプは大敵

Webライターは、クライアントの求める文章を書くお仕事。

それゆえに、普通に文章を書く時よりもだいぶ神経が張っています。

 

検索上位に表示されるための、SEO対策。

他のサイトと重複していないかコピペチェック。

そして、読者やクライアントが読みやすい・分かりやすい文章になっているかなど、やることは山ほどです。

 

始めたての頃は、文章を書いてお金を貰えることに喜びを感じていました。

しかし、徐々に年齢を重ねていき、報酬も高くなるごとに書くことそのものに苦痛を感じるようになったのです。

 

「お金を貰っている以上、半端な仕事は許されない。」

ある時から、私の中でこのような考えが生まれました。

 

お金を貰っている以上、責任をもって仕事を行うのは当たり前のことですが、自分の決心や責任感が徐々に重くのしかかり…。

 

いつの間にか、思ったように文章が書けなくなりました。

 

構成は作れるんです。

でも、その後の文章で何十分も悩み、書き終えても満足がいかず、「今回も思ったように文章が書けなかった」と自己嫌悪に陥ることが何回も続きました。

 

それが、かれこれ3ヵ月ほど続いたのです。

本当にこの期間は苦痛でした。

 

あるときは、パソコンに向かい合っただけで寝込むくらいでした。

 

それぐらい、Webライターにとってスランプはしんどいものなんだなと改めて実感したのです。

 

文章が書けない・納期に間に合わなければ、当然お金は貰えません。

スランプの辛さと、お金が欲しいという相反する気持ちが混在していたからこそ、あの時期は辛かったのかなと個人的に感じています。

 

スランプを抜け出したい時にやったこと

では、スランプをどうやって抜け出したのか。

気になる方もいるでしょう。

 

あくまで、私なりのやり方なので万人にも使えるというわけではないです。

参考程度にとどめてもらえると幸いです。

 

自分の好きなことをする

スランプが起きるのは、自分の心に余裕がないからと医師に相談した時に言われました。

ならば、自分の心が満足するように好きなことをすればいいのでは?と考え、休みや仕事終わりに好きなことをしました。

 

音楽を聴いて歩いたり、気分転換に友人とカフェに遊びに行ったり、近くのうまいラーメン屋やファミレスに行くなど…。

 

あとは、クリアしていないゲームをしたり、読書をしたり…。

色々と好きなことをしていくうちに、ストレスも徐々に少なくなり、心に余裕を取り戻していきました。

 

自己肯定感を高めるために日記をつける

スランプの時は、とにかく自分を否定しがちです。

自分を否定し続けると、うまく文章を書けなくなった時にまた自分を責めて…という悪循環に陥るため、考え方を変えました。

 

それは、「自分を褒めること」。

とにかく何でもいいので、その日できたことを日記に書きました。

 

例:できたこと

・ゴミ出し、掃除かけ、洗い物、洗濯物ができた

・仕事を1本こなした

・昼寝しないで夜ごはんづくりができた

・きちんと外に出て、ウォーキングができた

 

えらいね!!

 

という感じです。

 

ちょっとこっぱずかしいですが、私の場合自分を褒めて自己肯定感を上げることで、なんとか自信をつけ、スランプから脱却できました。

 

仕事がうまくいかない時は、「今日は疲れているだけだよ。頑張っているから疲れたんだね。よくやっているよ。」と日記に書いて、その文章に勇気づけられてもう1回頑張る…という時もありました。

 

ダメ元でやってみるのも、案外いいかもしれませんね。

 

人に相談して吐き出す

ずっと自分で抱え込んでいると、つぶれてしまうもの。

そのため、定期的に人に相談して吐き出すようにしていました。

 

基本的には、信頼できる旦那や友人、医師やサポステ、ハローワークの担当者の方にちょこちょこ相談していました。

 

そのおかげか、徐々に心の余裕を取り戻すことに成功したのです。

(なお、どうしても人に言えないことは、パソコンのメモ帳に書き出してそのままゴミ箱にポイするやり方で何とか耐えました。)

 

気分転換にブログや小説を書く

これはあくまで私なりのやり方ですが、文章を書くリハビリとしてブログや小説を書くようにしていました。

 

Webライターの仕事として文章を書くと色々気を遣うことが多いのでしんどいです。

 

しかし、ブログや小説であれば自分の思う通りに書けます。

人を傷つけない内容であれば、基本的に何を書いてもOKなので気楽に取り組めました。

 

仕事と関係のない、趣味の話でもいいのです。

文字数だって、400文字とか700文字とか短いものでOK。

 

とにかく、気分転換にブログや小説を書くことで、「自分はきちんと文章を書けるだけの能力はある」という心のリハビリに繋がります。

 

ネット上に公開するのが怖い場合は、Wordやメモ帳などに書いて保存しておくのもありです。

私も、公にあげられない内容の文章(小説を含む)は、Wordに書いて保存していました。

 

まとめ

今回は、スランプの話について書いていきました。

1人でもくもくと文章を書いていると、遅かれ早かれスランプが来るケースは珍しくありません。

 

そういった時は、自分を責めず、好きなことをしたり人に相談したりと心に余裕を持てるように対処していくといいのではないかなと思います。

 

今のところ、管理人はなんとか自信を取り戻してちょこちょこWebライターとして活動できています。

 

このブログが、スランプで悩んでいる人の役に立てれば幸いです。

それでは、また次のブログでお会いしましょう。